History of Ibiden 沿革

年号イビデンの歩み
1992

青柳工場で携帯電話用プリント配線板の生産開始

1993

オランダに電子関連製品の販売会社「IBIDEN Europe B.V.」を設立
中期経営計画 「G-85プラン」をスタート

1994

5つの開発プロジェクトを発足 (➀MCM、②NPKG、③AAP10、④住設・建装、⑤自動車排ガス)

1995

電子関連部門 「ISO9001」認証取得 (1996年:セラミック、1997年:建材も認証取得)

1998

大垣工場新工場棟を竣工、ICパッケージ基板(O-LGA)の生産開始
中期経営計画「New Century 90 Plan(NC 90)」スタート

1999

ディーゼル パティキュレート フィルター(DPF) 、乗用車で世界初の実用化に成功
遠藤社長が会長に、岩田義文が 社長に就任
自動車排ガス浄化関連 触媒担体保持・シール材生産開始

2000

全事業場とその構内の関連企業4社を対象に ISO14001の認証を取得
フィリピンにICパッケージ基板の生産会社「IBIDEN Philippines,Inc.」を設立

2001

大垣北事業場、DPF量産ラインを稼働
中国 北京にプリント配線板の生産会社「揖斐電電子(北京)有限公司」を設立
フランスにSiC-DPFの生産会社「IBIDEN DPF France S.A.S.」を設立
大垣工場でICパッケージ基板(LLBS)の生産開始

2003

イビデン全事業内とグループ4社がOHSAS18001の認証を取得
中期経営計画「RENEWAL(新生) IBIDEN 95 Plan」をスタート

2004

全層スタックアップ構造のプリント配線板「FVSS」の量産を開始
ハンガリーにSiC-DPFの生産会社「IBIDEN Hungary Kft.」を設立

2005

大垣市神田町に「研修センター・本社」 新ビル竣工

2007

岩田社長が会長に、竹中裕紀が社長に就任
企業理念体系「イビデンウェイ」を制定
新中期経営計画「Global IBI-TECHNO 100 Plan」をスタート
大垣市笠縫町に大垣中央事業場を開設

2008

マレーシアにプリント配線板の生産会社「IBIDEN Electronics Malaysia Sdn.Bhd.」を設立

2010

神戸事業場、本格稼動を開始

2011

韓国に特殊炭素製品の生産会社「IBIDEN Graphite Korea Co.,Ltd.」を設立

触媒担体保持・シール材

DPF

FVSS