Scope of Activities 活動領域

活動領域

CSRからESGへ活動の進化

企業の社会的責任を果たすことで、当社グループが永続的に存在するとともに、社会の発展に貢献することをめざしています。当社グループは、企業理念、行動憲章に基づいて、内部統制、人財経営、環境経営、社会貢献の四つの領域で、企業の社会的責任を果たすための基盤づくりをCSR経営として展開してきました。2018年度より、ESG経営として環境・社会・ガバナンスの視点で、外部からも高い評価が獲得できるレベルに活動を進めています。今後は、ビジネスそして事業活動を通して国際社会が共通でめざす持続可能な社会実現のために、当社の技術で、社会課題解決に貢献していきます。

イビデングループとSDGs

2015年9月、国連総会で「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、その中で17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標」(SDGs)が策定されました。
SDGsで掲げられた目標に対して、事業を通じて積極的に貢献していくことはすなわち、企業理念のもとイビデンが社会に果たしていくべき使命であると考えています。
当社グループが培ってきたコア技術を進化・融合させた革新的な技術と、人と地球環境に調和した責任ある企業活動を通じて、社会が直面する課題の解決に取り組みSDGsの達成に貢献していきます。

イビデングループが特に重視するSDGsへの貢献

イビデングループが、企業理念に掲げる持続可能な社会の実現に向け、事業変化や中期経営計画など自社にとっての重要性及び顧客や投資家、市場からの期待・要請といった外部ステークホルダーにとっての重要性の観点から、特に重要な課題として、以下のように認識しております。技術や事業活動を通じた挑戦と、自社の基盤活動の強化によって、これらの課題解決に取り組みます。

ステークホルダーとの対話と協働

当社グループは、地域に電力を提供する水力発電事業からスタートし、地域社会の皆さまをはじめ、多くの方々に支えられてきました。現在もさまざまな場面で、ステークホルダーの皆さまとコミュニケーションの場をもち、当社グループに求められている期待や要求を確認し、活動を進めています。

■主なステークホルダーとのコミュニケーション一覧(2021年3月31日現在)

ステークホルダーコミュニケーション例
社員 国内外38社(連結対象)のグループ社員は13,161名です。 教育研修、評価面接、労使委員会、安全衛生委員会、相談窓口
顧客 電子部品からセラミック、建材製品まで、革新的な技術で多彩な製品分野で貢献します。 顧客満足度向上活動、ESG情報の提供、行動規範監査
取引先 国内、海外に事業を展開する当社グループは、数多くの取引先から調達を行います。 取引先CSR説明会、安全衛生推進会、CSR調査、監査、取引先通報窓口
地域社会 世界17ヵ国の主要拠点で、各国・地域の文化・風土に合わせた企業市民活動を行います。 地域住民・自治会との定期交流会、社会貢献活動
株主・投資家 当社の発行済株式総数は約1億4千万株で、株主数は、22,121名です。 株主総会、投資家説明会、ESG評価機関への情報提供

※上記ステークホルダーとのコミュニケーション例、およびその他業界団体等との協働取り組みの詳細は、「地球環境との共存(環境への取り組み)」「人財マネジメント」など関連ページにて紹介しています。