CSR方針と活動領域

企業情報/企業理念

私たちは、人と地球環境を大切にし、
革新的な技術で、豊かな社会の発展に貢献します。

イビデングループ行動憲章

イビデングループのCSRは、「人と地球環境を大切にし、革新的な技術で、豊かな社会の発展に貢献します。」という企業理念に基づいています。事業を通じて、社会と信頼関係を構築できるように、経営の信頼性と透明性を高める活動に取り組み、当社グループが永続的に存在し、社会の発展に貢献することをめざしています。
CSR活動の方向性は、グローバル企業としての役割や世界トップの顧客をはじめとするステークホルダーの要請事項を反映した「イビデングループ行動憲章」で表し、私たちが進むべき姿としてグループ全体で共有しています。

イビデングループ行動憲章

CSR方針

イビデンのCSR方針
責任ある誠実な行動
社是の一つとして掲げ、当社グループ全社員のすべての活動の指針となります。行動憲章・行動基準としても展開します。
持続可能な事業
事業が、社会で必要とされ続ける限り、継続が許されると考えています。持続可能な活動に向けた取り組みを、ウェブサイトなどを通じて報告しています。
経済的項目・環境的項目・社会的項目
「経済的項目」とは、株主への配当や株価、顧客への製品機能や品質、取引先へのサービス、社員への処遇、地域や国際社会への納税や雇用を意味します。
「環境的項目」とは、省エネ活動、3R活動、グリーン調達など環境保全の活動を意味します。
「社会的項目」とは、株主および投資家への広報活動、顧客へのPL責任、取引先への公正な取引、社員への機会均等、適切な労働環境の整備、人材育成、地域や国際社会への社会貢献活動を意味します。
バランス良く責任を果たし
経済的項目・環境的項目・社会的項目の3項目すべてにおいて、高いレベルでの実践をめざします。
すべてのステークホルダーと共生する
ステークホルダーとは、顧客、株主・投資家、取引先、社員、地域社会などを意味します。
企業価値を向上する
当社の企業価値は、すべてのステークホルダーに事業活動を通じて貢献することであり、一言で言えば「いかに社会のお役に立つか」ということです。

活動領域

CSR経営を実践して、当社グループが永続的に存在するとともに、社会の発展に貢献することをめざしています。当社グループのCSR経営の視点は、企業理念、グループ行動憲章に基づいて、中期経営計画の中で、内部統制、人財経営、環境経営、社会貢献の四つの領域で展開しています。四つの視点から、ステークホルダーの皆さまに対して、幅広い活動を展開し、信頼関係の構築をめざします。

内部統制

コーポレート・ガバナンス

「コンプライアンスおよびリスクマネジメント推進活動」を積極的に展開することで内部統制機能を強化し、取締役会による経営監視機能と監査役の監査機能を充実・強化させていきます。それにより、株主をはじめとするステークホルダーからの信頼に応える透明な企業統治体制を構築し、企業としての社会的責任を果たすとともに、持続的な成長による企業価値の向上を実現していきます。

コンプライアンス

「国内外の法令、定款、社内規程および企業倫理の遵守」を徹底し、オープンでフェアな企業活動を通じて国際社会から信頼される会社をめざします。

リスクマネジメント

当社グループは、経営を取り巻く各種リスクを分析し、事業の円滑な運営に重大な影響をおよぼす経営資源の損失に的確に対処し、株主、顧客および役職員等の安全と経営資源の損失低減および再発の防止を図ることで、事業継続を可能にします。

人財経営

私たちは、人と地球環境を大切にする「イビデンウェイ」のもと、社員一人ひとりの創造性と個性を尊重し、多様な人財が知恵・能力をフルに発揮できる企業風土を大切にしていきます。

環境経営

私たちは、「イビデンウェイ」に基づき、全員参加による環境負荷低減活動により、事業活動において発生する地球環境への影響を緩和し、次の世代へと受け継がれていく企業としての役割を果たし、地球環境との共存をめざします。

社会貢献

企業として自らの特性が生かせる生活環境整備、地域人材育成などの活動を行い、またはこれらの活動を行っている団体活動への参加、支援など各国や各地域の文化、風土に合わせたグローバルな企業市民活動を行うことで、国際社会から信頼される会社をめざします。

外部からの評価

SRI(社会的責任投資)の評価

企業の収益性などの業績・財務状況だけでなく、環境や社会への貢献などの側面を考慮し、社会的責任を果たしている企業に投資を行う「SRI(社会的責任投資)」が注目されています。当社は、SRI評価機関など外部評価機関からの調査内容をもとに、あるべき姿とのギャップ分析を行い、当社に不足している要素を抽出しています。CSR推進室が主管となって対応を行い、次年度改善が可能な項目は、関連する部門の活動方針の中で展開するようにしています。当社もSRI評価機関から評価を受け、2016年に、社会的責任投資(SRI)の代表的な指標である「FTSE4Good Index Series」に採用されました。またその他、ドイツに拠点を置くCSR評価会社oekom research社の企業責任の格付けで、“Prime”に認定されています。(2016年6月現在)

SRI(社会的責任投資)の評価

第三者機関からの診断と対応

業界行動規範の遵守や顧客の要請に基づいた第三者機関の実施するCSRに関する監査への対応を行っています。その中で要求基準と当社グループの取り組みとのギャップが確認され、対応すべき課題が抽出されます。監査での指摘事項は真摯に受け止め、原因分析を行い是正処置と予防策を実行し、改善に努めています。抽出された課題を改善していくことで、要請基準に対応したしくみづくりに取り組んでいます。
2016年度は、業界団体の監査基準に対する社内の認定審査員と専門部門による社内の点検、内部監査を進めました。その結果、日本の大垣中央事業場で、労働および人権、安全衛生、環境、倫理と管理面を対象とした業界基準の公式監査を受診し、不適合ゼロを達成しています。今後も、良好な遵守率を維持するために各職場で日常的な点検と運用改善のサイクルを回していきます。また継続的に外部監査を受診することでその有効性を検証し、CSRの取り組みに対する信頼性を高めていきます。