ご挨拶

の100年も永続的に存続・発展できる企業を目指します。

イビデングループは、1912年、地域経済の振興を目的とした発電会社「揖斐川電力株式会社」として創立いたしました。その後当社は、自家発電を活用した電気化学工業へと転進し、さらに建材、電子・セラミックへと事業を転換してまいりました。2017年11月、当社は創立105周年を迎えます。大正、昭和、平成の長きにわたり、当社グループをご支援賜りました皆様に心から御礼を申し上げます。

さて、当社におきましては、2013年度に5ヵ年の連結中期経営計画「Challenge IBI-TECHNO 105 Plan」を策定し、事業環境の変化に対応し、次の100年に向けて、永続的に事業を継続し成長させるための人財育成に主眼を置いた企業体質づくりに取り組んでおります。具体的には、「現地・現物・自掛」を基本に「5S活動」「TPM活動」「自工程完結活動」「クロスセクション・チームワーク活動」による当社独自の改善活動「イビテクノの進化」でございます。全社員が、現地・現物で自ら課題解決を行い、一人ひとりが課題解決力を高め、同時に達成感も味わうことで、モチベーション高く、新たなより高い課題に挑戦していく「正のスパイラル」を目指しております。また同時に、働き方改革をはじめとした、社員の健康増進活動にも積極的に取り組んでおります。このような人財育成を主体とした基盤活動は、地道で時間のかかる活動でございますが、当社におきましては、昨年度、電子事業のお客様より、数あるサプライヤーの中でも、特に高い水準を達成した企業に授与される最高の賞を三年連続で受賞することが出来ました。また、経済産業省及び日本健康会議より、「健康経営優良法人2017」として認定を受けるなど、着実にこれまでの活動の手応えが出てまいりました。今年度は、現中期経営計画の最終年度になります。
昨年度は大変厳しい業績でしたが、全社員一丸となり、企業体質作りと業績回復に取り組んでまいります。

また、当社グループでは、CSR(企業の社会的責任)の実践を経営の大きな柱として位置づけております。法令、国際規範の遵守はもとより、全てのステークホルダーから信頼・評価される透明性の高い企業経営を進めてまいります。

最後に、2017年6月からは、新体制の下、2018年度より始まる新たな5ヵ年の中期経営計画に向けた準備をスタートいたします。人財育成を基盤として新製品の早期事業化を図り、安定的に成長できる会社、より多様な人材がいきいきと活躍できる会社を目指してまいります。

今後とも末永くご支援賜りますよう何卒よろしくお願い申しあげます。

代表取締役社長
青木 武志