中期経営計画

イビデングループを取り巻く事業環境は近年激しく変化し、グローバルに展開する企業間競争は熾烈を極めております。
2013年4月、当社では、新たな100年に向けた中期経営計画「Challenge IBI-TECHNO 105 Plan」を策定、スタートさせました。当社グループの「モノづくり力」「開発力」「営業力」「マネジメント力」を鍛えなおすことで、コア事業の競争力を強化、再構築します。TPM活動をグローバルに活性化し、当社現場力の底上げを目指すとともに、材料や設備、生産プロセスにおける革新的な技術の創出に挑戦していきます。
また、永年培ってきたコア技術をベースに、電子、セラミック分野における新製品の開発に加え、新規分野における製品開発、事業化も具体的に進めていきます。 さらに、CSR経営を実践するなかで、特に「人材経営」に重点を置き、グローバルに通用する人材の育成に注力してまいります。
この中期経営計画を着実に遂行することで、収益基盤を一層強固なものとし、新たな成長に向けて、全従業員がチャレンジしていきます。

「Challenge IBI-TECHNO 105 Plan」

期間

2013年度〜2017年度(5年間)

活動の柱

  • コア事業の競争力強化・再構築
  • 新規事業の創出に挑戦する
  • グローバルCSR経営を推進する