イビデンの森

2016年度の活動

第9回 育樹祭(2016年4月23日)

快晴に恵まれた4月23日、東横山発電所付近に広がる「イビデンの森」において、「第9回 育樹祭」が開催されました。竹中社長、宗宮揖斐川町長をはじめ、イビデングループ社員と家族・OB・地域の皆さん、スタッフら合わせて約270名が参加し、楽しく作業を実施しました。

昨年から「育樹祭」と名称を変更し、樹木の成長に合わせ、木々の手入れの活動を実施しましたが、今年は枯れた木の捕植を主な活動として森林整備を行いました。

<作業内容> ・植樹作業(ヤマザクラ 13本/ハナモモ 21本/アジサイ 27本)         
           ・支柱設置・食害防止の薬剤塗り・肥料やり

作業後の昼食にはお弁当と、地元女性団体の揖斐峡レディースさんから豚汁が振舞われ、美味しくいただきました。
また、午後からは、森林保育活動体験や地元体験としておはぎ・きなこ餅づくり体験が行われ、1日を満喫しました。
今回で第9回となりました森林再生・整備活動では、森も人の輪も豊かになり、地元の皆さんと交流が深められました。

▲挨拶する竹中社長

▲植樹デモンストレーション

▲親子で奮闘、植樹作業

▲支柱設置作業

▲森林整備作業

▲おはぎ・きなこ餅づくり体験

▲東横山水力発電所を背景に参加者全員で集合写真