イビデンの森

植樹式典・第1回植樹祭(2008年11月16日)

「イビデンの森」 記念式典

2008年11月16日、森林再生活動のスタートにあたり、「イビデンの森 東横山」において、ご来賓、地域住民およびイビデングループ社員やその家族が参加し、記念式典を開催しました。式典では、関係者らによる挨拶の後、現地に設置した「イビデンの森」案内看板の除幕と、ハナモモ(揖斐川町の花)やサクラ(花の森のイメージ)の記念植樹を行いました。

第1回 植樹祭

イビデンの森づくり実行委員会の方より、植樹方法の説明を受けた後、グループに分かれて植樹活動を開始しました。あいにくの雨模様ではありましたが、参加者同士協力し合いながら、山の斜面にハナモモやサクラ、ヤマボウシなどの苗木55本を植樹しました。また植樹記念として、日付と植樹者の名前を記した杭を苗木脇に立てました。
植樹後には、地元団体による炊き出しが振舞われたり、クラフト体験教室が開かれました。植樹をはじめとした様々な体験活動を通じて、参加者同士の交流が深まり、また、環境保全の大切さを知っていただく機会となりました。

記念植樹の様子

「花の森 イビデンの森」手づくりの看板

健やかな成長を願って植樹

植樹を記念したオリジナルの杭を作成

おいしい昼食に満面の笑み

クラフト体験でクリスマスツリーづくり

素敵なツリーをつくるため真剣な姿

植樹祭参加者全員による記念撮影